家族葬を行う際に気を付けておきたいマナー

subpage01

近年では社会的な背景や故人の希望から家族葬が行われるケースが増えてきました。



親しい家族だけでアットホームな葬儀が行える、費用が抑えられる、遺族の精神的・体力的な負担が軽減するなどのメリットもあります。

その一方で家族葬を行うときにいくつかの注意するべきことを知っておかなければ後々問題になる可能性があります。
たとえば後から故人の友人や知人に亡くなったことを伝えたら最後のお別れが出来なかったと詰め寄られた、遠い親戚を呼ばなかったら自分たちを蔑にしていると言われたなどがあります。



このような事態をさけるためにもマナーを守ることが必要です。

まず、家族葬を行う場合でも故人の友人や知人、会社の人、親族には告知を行うようにしましょう。


事前に手紙や電話などで告知をしておけば後々問題になる可能性はほとんどありませんし、どうしても参列したいという人には後日偲ぶ会やお別れ会を開くという対応をすることも出来ます。


会社の経営者など、多くの人と関わりがある人の場合、遺族からのお礼の言葉や家族葬の様子をまとめた礼状を送るケースも多いです。


故人とお付き合いのあった方々にはこのような方法で対応することで後にわだかまりが残ることもありません。

産経ニュースに今、注目が集まっています。

家族のみの葬儀は故人の希望の場合もありますし、家族が最後にゆっくりと故人とのお別れをする大切な時間でもあります。良い家族葬にするためにもマナーに気を付けておくことが重要であると言えます。