家族葬という選択肢もあります

subpage01

人が亡くなると葬式を行うことになります。



遺族の方は、近い親戚から遠くの親戚まで、亡くなった人の勤め先の人、その他の友人、知人に広く声をかけることを考えるかもしれません。広く声をかけた結果、通夜、告別式にはたくさんの人が来て、遺族の方は、それらの人たちに対するあいさつ、おもてなしなどに追われます。

ときには、通夜、告別式の後の食事の世話までしなければならないかもしれません。


また、社会的に地位の高い方が来たときには、今まで述べたあいさつ、おもてなしにさらに気を使わなければなりません。

しかし、このように通夜、告別式に来た人への対応で忙殺されて、遺族は、心から亡くなった人を偲び、そして、送ることができるでしょうか。
また、亡くなった人の勤め先の関係者も義理や付き合いなどで来る人が多く、本当に亡くなった人を思うために来る人はそれほど多くはありません。

本当に亡くなった方を偲ぶ人だけに限って、通夜、告別式を行った人のほうがいいのではないでしょうか。



そんなときにお勧めなのが家族葬です。

家族葬では、家族のほか亡くなったとごく親しい方だけに来てもらうので、参列者への対応も必要最小限に抑えることができます。また、家族葬で行うことを明らかにすれば、勤め先のあまり関係が深くない人から香典が出されなくなりますし、供物や供花を辞退しても差し支えがなく、その分、遺族の負担が減ります。
亡くなった方を本当に偲び、そして、送るためにも家族葬を考えてみましょう。

日本経済新聞の情報もあります。