葬儀の中で家族葬に注目してみます

subpage1

ほとんどの人がいつかは遭遇するイベントの一つに葬儀があります。



急に必要となるのか、近々に必要となるのか人それぞれですが、いつかは携わることになるのは確かです。

葬儀のやり方にはいくつかの方法があるのですが、ここで急激に行われえる数が増えている家族葬という葬儀について紹介したいと思います。


現代の家庭事情が後押ししているのでしょう、近年では家族葬という形式で葬儀をする人が増えています。


家族葬とは家族や近親者だけで行う葬儀です。


これは少人数で行う葬儀になります。

密葬も少人数で行う葬儀ですが、密葬は本葬を行います。


本葬とは身内だけの少人数で葬儀をしてから、後日行われる大規模な葬儀です。

これからは産経ニュースに関しての関心度が高まっています。

家族葬は葬儀場などで葬儀を行い、その後に火葬が行われます。

直葬という葬儀がありますが、これは火葬場でのみお別れが行われる葬儀です。

家族葬は小規模な葬儀に対して用いられる呼称ですので、特定の葬儀様式や宗教形態とは関係がありません。

どのような宗教、宗派の宗教儀礼でも行うことができます。


無宗教の形式で行うことも可能です。親戚が少数だったり、人付き合いの範囲を小さくしていた方におすすめの葬儀です。

高齢になればなるほど周囲の方も高齢になられています。


葬儀に集まる人数が少なくなると思われる場合に選びたい葬儀です。
また参列者が限られた人数になりますので、故人とゆっくりお別れしたい方にもおすすめです。
本当に親しくしていた人達だけで故人とお別れしたい方はこの葬儀がおすすめです。



社会の事柄

subpage2

人が亡くなると葬式を行うことになります。遺族の方は、近い親戚から遠くの親戚まで、亡くなった人の勤め先の人、その他の友人、知人に広く声をかけることを考えるかもしれません。...

next

社会の情報まとめ

subpage3

近年では社会的な背景や故人の希望から家族葬が行われるケースが増えてきました。親しい家族だけでアットホームな葬儀が行える、費用が抑えられる、遺族の精神的・体力的な負担が軽減するなどのメリットもあります。...

next

社会の常識

subpage4

現在、コストをかけないようにお葬式をすることをしている世帯も増えてきました。その背景には、これからの生活面を考えての事や、高齢化社会となり人とのつながりも気薄になってきているという点にあります。...

next

社会について思うこと

subpage5

通常葬儀では故人の年齢や亡くなった時の立場にもよりますが出席者の数が多くなる場合があります。そうした葬儀の場合、それなりに人数が入る会場を用意しなければなりませんし、遺族の負担も増え、またスタッフの手配もしなければなりません。...

next