静かな葬儀を望むなら家族葬

subpage01

通常葬儀では故人の年齢や亡くなった時の立場にもよりますが出席者の数が多くなる場合があります。
そうした葬儀の場合、それなりに人数が入る会場を用意しなければなりませんし、遺族の負担も増え、またスタッフの手配もしなければなりません。

YOMIURI ONLINEを情報をお探しの方はこちらのサイトがおすすめです。

そうした事にわずらわされる事無く静かに故人を送りたいといった場合などにおすすめなのが家族葬です。

家族葬というのはその名の通り同居していた家族やまたごく近い近親者だけが出席して執り行う葬儀の形で、特に故人が高齢で友人が少ない、または出席が難しい方が多いといった場合などにはおすすめです。


出席者の数があらかじめ分かっていますので、かかる費用の計算も楽ですし、会場の最低限の場所を手配しておけば大丈夫です。また香典返しの用意などといった事にもあまりわずらわされないので葬儀に関する遺族の負担というものも少なくなります。



似たような葬儀の形には密葬というものもありますが、密葬は一般的に葬儀の後、遺族などが落ち着いたタイミングで葬儀とは別の友人や関係者が故人を偲ぶ会を催す事が多いですが、家族葬ではそういう事も無く家族だけで葬送を完結させます。



遺族にかかる様々な負担を減らし、ゆっくりと故人を偲び送り出す事が出来るという家族葬ですが、そうした場合でも一応告知は必要です。
ですが家族葬を選んだ場合はそうした告知は直接連絡するにしろ新聞などに掲載するにしろ葬儀が終わった後にするというのが一般的です。